書体名:C&G半古印

書体見本ページはこちら

文字セット JIS第一水準・第二水準、拡張外字
文字数 7190
ファミリー構成 レギュラーのみ
創作者 株式会社シーアンドジイ
フォント形態 TTF
著作権 権利者 株式会社シーアンドジイ
JTA カテゴリー ディスプレイ系(D)
販売先URL http://www.c-and-g.co.jp/online/candgfontstore.html
使用許諾契約
ソフトウエア使用許諾契約書

このソフトウエア使用許諾契約は、株式会社シーアンドジイ(以下「弊社」という)が本契約書と共にお客様に提供するフォント(アウトラインデータを含む)、プログラム及び関連ドキュメント(以下「本許諾製品」という)をご使用いただくにあたっての条件を定めるものです。お客様は本契約書の内容を充分に読んでいただいた上で、本契約に定める条件に従って本許諾製品をご使用いただくことにご同意いただくものとします。

第1条 使用権の許諾
 (1)お客様は、お客様が所有する装置一台に限り本許諾製品をインストールし、読み取り可能な形で
  本許諾製品を下記1次使用権に基づき使用することができます。
  お客様は、下記二次使用権に該当する用途で本許諾製品を使用する場合は、別途使用許諾契約の
  締結が必要になります。
 (2)前項の規定に拘わらず、本許諾製品に関する全ての権利は弊社又は弊社が許諾を受けた第三者に
  帰属します。また、お客様は前項の規定により、弊社又は弊社が許諾を受けた第三者のいかなる
  商標、商号もしくはサービス・マークに関する権原を許諾されたものではありません。
 (3)お客様が、本許諾製品を逆アセンブル、逆コンパイルなどの解析を行うことは禁止されています。
 (4)本契約条件は、いかなる意味においても、本許諾製品に関する知的財産権(特許権、実用新案権、
  著作権、商標権、保護されるべき営業情報などを含みます)をお客様に移転するものではありま
  せん。
 (5)お客様は本許諾製品をバックアップ目的に限り1コピーのみ複製することができます。

 一次使用権
  (1)文字のイメージを印刷装置に印字したり、映像装置に表示することができます。
  (2)WEB ページの文字表現用として使用することができます。
  (3)PDF ファイルに埋め込んで配布することができます。
   但しこの場合は、特定できる第三者に配布する場合に限られます。
  (4)上記3項全ての場合で、非営業用の個人用、自社用等の自己使用、または、特定
   できる第三者からの業務受託用に限られます。(業務受託の場合、委託先が下記二次
   使用権に相当する用途で使用する場合は、委託先が当該フォントの使用権を保有して
   いる必要があります。)

 二次使用権
  (1)フォントを元にして商品名や社名等の営業を目的としたロゴ等を作成すること
   及び作成したロゴ等の商標権を取得すること。
  (2)不特定の第三者に配布することを目的として、PDF ファイル等のデータに
   フォントから得られる派生フォントを埋め込むこと、ビデオゲーム等の
   デジタル作品に格納、または商業放送・ビデオ作品に使用すること。
  (3)上記に記載がない事項。

第2条 期間及び終了
 (1) 本契約は、お客様が本許諾製品を購入またはダウンロードされたときに発効し、次項の規定に
  より本契約が終了する場合を除き、お客様が本許諾製品の使用を継続する限り無期限に効力を有す
  るものとします。

 (2) 弊社は、30 日以上前に書面によりお客様に対して通知することにより、本契約の効力を終了
  させることができるものとします。但し、本項の規定は、お客様が本許諾製品を本契約の規定に
  違反して使用し、かつその違反が前記30 日の期間内に是正されない場合に限られるものとします。
 (3) 前項の規定により本契約の効力が終了したときは、お客様は本許諾製品に関する権原は消滅し、
  以後お客様は本許諾製品に対する一切の権原を有さないものとします。この場合、お客様は本許諾
  製品及びその複製物の全てを、弊社の指示に従い、廃棄するものとします。

第3条 著作権表示
 お客様は、本許諾製品の全部又は一部のいかなる形態の複製にも、本許諾製品に含まれる著作権
 表示を入れるものとします。

第4条 本許諾製品の移転等
 (1) お客様は、本許諾製品もしくは第1条の規定により許諾された使用権を第三者に対して再使用
  権を許諾し、譲渡し、移転し又はその他の処分をしてはなりません。
 (2) お客様は、本契約において明示的に許諾されている場合を除き、本許諾製品の使用、複製、改変
  その他の行為をしてはなりません。

第5条 書体の変更等
 (1) お客様は、本許諾製品を使用して出力された書体を同一又は類似の書体の字母として利用しては
  なりません。

第6条 保証
 (1) 弊社は、弊社が本許諾製品に関する権原を有すること及びお客様に対して本許諾製品の使用を
  許諾する権原を有することを保証します。
 (2) 弊社は、本契約条件に明示される事項以外には、本許諾製品に関するいかなる保証も行いません。
 (3) 正規にご購入されたお客様は適切なユーザサポート、アップグレードを受ける権利を有します。
  なおこれらのサービスは有償になる場合があります。

第7条 責任の範囲
 (1) 弊社は、本契約条件に明示的に規定された場合を除き、権原に関する保証、第三者の権利を侵害
  しない旨の保証、設計、市場性もしくは特定の目的に対する適合性に関する保証又は取引、使用も
  しくは商慣習から生ずる保証を含むいかなる明示的又は黙示的な保証も行いません。お客様は、
  このことを承認したうえで本許諾製品を使用するものとします。
 (2) 弊社は、損害発生の可能性について事前に通知を受けていた場合であっても、逸失した利益又は
  その他の特別損害、間接損害もしくは拡大損害について責任を負いません。また、弊社が損害賠償
  責任を負うことになった場合であっても、弊社の損害賠償責任は、その理由を問わず、お客様が
  実際に支払った本許諾製品の代金相当額をその上限とします。

第8条 輸出
 お客様は、必要に応じて弊社及び通商産業省の承認を取得することなく、日本国外のいかなる者に
 対しても、許諾ソフトウェア、財産的情報又は許諾ソフトウェア若しくは財産的情報を含むいかなる
 システムも、直接的であれ間接的であれ、輸出又は移転してはならないこととします。

第9条 使用許諾に関する監査権
 弊社はお客様に対して第1条(使用権の許諾)、第3条(著作権表示)第5条(書体の変更等)等で
 許諾した範囲内で本許諾製品を適正に管理・運用されているか否かを監査する権限を有するものとし、
 監査に必要な書類もしくはその写しの提出を、お客様に対して求めることができるものとします。

第10条 準拠法
 本契約は日本において該当する法律を準拠法とします。