日本タイポグラフィ年鑑について

日本タイポグラフィ年鑑は、1969 年に「日本レタリング年鑑」としてスタートして以来、2021年には36冊目が世に送り出されました。初期は隔年で刊行されていましたが、1991年から毎年出版しています。 作品は広く海外からも一般公募で受け付け、タイプフェイス、ロゴタイプ・シンボルマーク、VI、グラフィック、エディトリアル、研究・実験など10のカテゴリーを設け、会員から選ばれた審査員の厳正な審査により、全応募作品の中から「グランプリ」1点、各部門ごとに「ベストワーク賞」、2018年からは審査委員個人の視点から選ばれた「審査委員賞」が授与されます。

2005年度からは学生部門を設置。さらに2009年度よりこれまで学生部門で最高賞であった「ベストワーク賞」を超える賞として、「学生部門グランプリ」を新設。この賞との出会いを、自身の更なる飛躍や夢の実現の一歩と捉えていただければと考えております。


この年鑑は、当協会の財産であり、海外でも評価の高いタイポグラフィ・デザインの記録です。

 

日本タイポグラフィ年鑑2021


日本タイポグラフィ年鑑2021

 発行:2021年4月

 応募総数:1653点

 入選作品:460点

 デザイナー:平山政根

 編集長:相澤竹夫




グランプリ
『魁』片岡 朗


 学生賞グランプリ
『問い×文字』松原 琉佳/大阪芸術大学


 部門別ベストワーク

●VI ビジュアル・アイデンティティ
『みやさかや』粟辻 美早
『GREEN WORK HAKUBA』横山 尚季
●ロゴタイプ・シンボルマーク
『魚三楼 シンボルマーク』笠井 永充
『OUTDOOR DESIGN AWARD』高橋 善丸
『Yumiko Ishitomi』田代 卓
●グラフィック
『糸島食材取扱店贈呈ポスター』木村 由巳夫
『PAPER LAB. Living リバーシブルポスター』竹広 信吾
●エディトリアル
『Jia Hui』Zhao Qing
●パッケージ
『The Okura Tokyo』粟辻 美早
『発酵熟鮮魚 箱』中市 哲
●インフォグラフィックス
『米中が火花 特許を巡る競争、図解で解説』株式会社日本経済新聞社
●環境・ディスプレイ・サイン
『Grandvaux Spa Village』粟辻 美早
●オンスクリーン
『砧書体制作所オーダーバリアブルフォント』片岡 朗
●研究・実験・自主制作
『The disappearing game(正在消失的游戏)』良 车
●学生
『テンポグラフィ』田中 茜里/桑沢デザイン研究所
『うごくかん字』原田 陽奈子/多摩美術大学

『中国民居を表現するタイポグラフィ』余 秋子/大阪芸術大学


 審査委員賞

『新潟をこめ』石川 竜太/VI部門
『魚三楼』笠井 永充/VI部門
『ハンドクリエーション』畑山 永吉/VI部門
『NIIGATA1◯◯』畑山 永吉/ロゴ部門
『はれ』寺内 なつ美/タイプデザイン部門
『井上敬一』松永 真/グラフィック部門
『笑えれば』山口央/グラフィック部門
『知る新型コロナ』朝日新聞 編集局 デザイン部/エディトリアル部門
『太田製麺所 五島うどん』粟辻 美早/パッケージ部門
『しろめチ。』石川 竜太/パッケージ部門
『バルキーボール見本帳』小玉 文/パッケージ部門
『BETTER BODIES HI』ゑ藤 隆弘/環境・立体・ディスプレイ部門
『【Shachihata Stamp Movie】印影漫才師ふぉれすと』古川 雅博/オンスクリーン部門

 

審査員
粟辻美早 太田徹也 小川航司 片岡 朗 工藤強勝 杉崎真之助 高田雄吉 
高橋善丸 中野豪雄 南部俊安 藤本孝明 八十島博明 早坂宣哉(ゲスト審査員)
 


 

先頭へ戻る